健康経営優良法人2019 (中小規模法人部門)認定

株式会社ユニペンは健康経営優良法人2019(中小規模法人部門)の認定を受けました


この度、株式会社ユニペンは健康経営優良法人2019の認定を受けることができました。
少子高齢の世の中で、当社は「社員の健康と命は、会社・社会の財産」と考えて取り組みました。
独自の、数年間をかけて手探りで行ってきた「働き方改革」が実り、社会的にも認められたことを光栄に思います。
更に社員の健康管理を、より経営的な視点で考え、戦略的に実践し、生産性の向上を図るべく取り組みます。




健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

本制度では、規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定しています。
日本健康会議とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体です。 経済団体、医療団体、保険者などの民間組織や自治体が連携し、職場、地域で具体的な対応策を実現していくことを目的としています。


※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。


健康な職場づくり宣言

2018年より、ユニペンは「健康な職場づくり宣言」を実施しました。

定期健康診断の結果をもとに、生活習慣や食生活の改善、見直しなどを、保健師と定期的に行います。
また手洗い・うがいの徹底をしています。表にして可視化しており、実施してからはインフルエンザにかかった社員はおりません。
また、回数の少ない者に対しての声掛けなど、職場のコミュニケーション向上にも役立っております。

カラーコーディネーター検定試験

お問い合わせ